知っておきたい借入の際の審査基準!チェックポイントはここだ!

ローン会社からの借入というと住宅ローンやオーロトーンなど目的に応じて様々なものがありますが、私たちにとって一番身近なのは目的を制限しないフリーローンではないでしょうか。最近ではローンよりもキャッシングと呼ばれることが多いと思います。キャッシングは住宅ローンやビジネスローンの高額なローンとは異なり、個人が受ける少額の融資のことを指します。キャッシング会社は数多くあり、それぞれ金利や特徴が異なります。

キャッシング会社は大手から聞いたことのない会社までありますが、正規の会社であればかならず借入のための審査があります。もし審査なしですぐに融資をしてくれる会社があればヤミ金ということもありますので甘い言葉にのせられないように十分に注意しましょう。審査基準は会社によって異なりますが、基本的には年収、勤務先、勤続年数、他社からの借入などを重点的にチェックします。

借入審査の4つのポイント!

まずは年収ですが、法律が改正されて以降、個人の借入の限度額は年収の1/3までと定められましたので年収によって借入額がほぼ決まります。とはいっても、最近では少額のキャッシングであれば収入を証明するための源泉徴収票などの書類の提出は求められません。借入が高額になったり、ビジネスローンなどになると所得や業績を示す書類が必要になります。また保証人や担保等も不要ですので思い立ったらすぐに借入できるのがキャッシングのいいところです。

勤務先や勤続年数は利用者に返済能力があるかどうかをチェックするのに重要です。もちろん勤務先が大手企業や公務員ですと審査は通りやすいといえるでしょう。なぜなら公務員などは離職率が低いからです。また勤続年数により利用者がどれくらい勤勉かということも判断されます。もし利用者が転職を繰り返すようであれば仕事がなくなり、返済が滞るという可能性も十分あるからです。審査の際にはかならず会社への在籍確認があります。会社に電話がいくことになりますが、決してキャッシング会社を名のったりすることはありませんので心配いりません。

最後に過去の借入歴です。過去にキャッシングやクレジットカードの事故やトラブルがあると審査に大変不利になります。他社から借入があってもきちんと返済していれば問題ありません。こうした借入歴は自己破産や延滞がありますと信用情報として記録されてしまいます。この記録はキャッシング会社同士で共有していますので、その後の借入が難しくなってしまいます。もし事情があって返済が遅れたりするときは音信不通になったりせず、事情を話して返済計画の見直しを相談しましょう。

以上がキャッシングの際の審査基準です。もしあなたがきちんと仕事をしていて、かつ、過去に借入のトラブルがなければほぼ100%借入ができると思います。あまり悩まずまずはキャッシング会社の窓口で相談してみましょう。借入前にきちんとした返済計画を立てることでキャッシングのトラブルを防ぐことができます。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/efbf.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678