学生の身分だけどバイクが欲しい!ローンは組めるのか?

一昔前に比べるとバイク人口は減ったようにも感じられますが、今でもバイクは若者に人気のある乗り物です。バイクは車と違ってコストも低く、学生でも購入しやすいと言えます。学生のうちから車を買う人は少ないですが、バイクに乗っている学生はよく見かけます。バイクは種類も豊富で、若者受けするような斬新のデザインのものも多く販売されています。でもはたして学生でもローンを組んでバイクを購入することはできるのでしょうか。

結論から言いますと学生でもローンを組むことができます。ただし、未成年の場合は審査に通るのは難しいでしょう。未成年へ貸付を行った場合、責任能力を問われ親が訴訟を起こすケースもありますのでローン会社は親が保証人にならない限り未成年に貸し付けはしません。最近では学生でもアルバイトをしている人が多くいます。学生といえば勉強が本業ですので、アルバイトで生活をしている人に比べるとやはり収入は低めになります。多くても5万円くらいでしょうか。その中からローンを組んで返済するというのは現実的には厳しいでしょう。バイクを購入すればガソリン代や保険代なども必要になります。

アルバイトでも借入することは可能ですが、借入額は少なくなります。というのも、借入審査では年収がチェックされ現在の法律では年収の1/3までしか借入ができないからです。もし借入できてもバイクを買うのに十分な金額を借りることができないかもしれません。

できれば親にお金を借りるのが手っ取り早いと思いますが、子供がバイクに乗ることに賛成する親は少ないと思います。バイクは事故も多く、命の危険もあるからです。親からお金を借りることも、親に保証人になってもらうことも難しければまずはアルバイトに精を出しある程度のまとまったお金ができたら購入するようにしたらいいと思います。頭金を多めに払えば、月々のローンの返済は少なくなります。また購入するバイクも中古などを選び、なるべく金額を抑えるようにしましょう。借入額が少額であれば審査にも通りやすいですし、毎月の返済が負担になることもありません。

ローンは返済が滞ったり、遅れたりすると信用情報に記録され、今後クレジットカードを作ったり、新たな借入をするのが難しくなる場合もありますので注意しましょう。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/efbf.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678