アルバイトやパートでも借入可能?審査に通る?

現在の日本は不景気の影響で自分の希望する仕事に就ける人はほんのわずかです。生活するために十分な収入を得ることすらままならないという人もいます。働きたい気持ちはあるのに面接を受けても不採用だったりと思うようにいかないこともあるでしょう。正社員になりたくてもアルバイトやパート、派遣など不安定な立場で仕事をしなければならない人もいます。アルバイトやパートですと正社員に比べて給料も少なく、生活費や急な出費に対応できないケースもあります。

お金が必要になったとき家族や友人に借りることができればいいのですが、それができない人にとってキャッシングは強い味方です。キャッシングは以前ですと高金利や強引な取り立てというダークなイメージでしたが現在では安全で手軽に利用できます。気になるのはアルバイトやパートでも借入ができるのかどうかということです。

アルバイトでも借入OK!

結論から言うとアルバイトでも定期的な収入があり、返済を見込めるのであれば借入はできます。ただし、現在の法律では借入限度額は年収の1/3までと決められていますのでそれ以上の借入はできません。必要な金額に満たないかもしれませんが、キャッシングの審査は収入を示す書類などを提出する必要はありませんし、保証人や担保も不要という手軽さです。

ではアルバイトやパートもしていない無職の場合借入はできるのでしょうか。定期的な収入がない場合、キャッシング審査に通るのは難しいでしょう。会社はボランティアではないので返済の見込めない相手にお金を貸すということはありません。もしどうしてもキャッシングを利用したい場合、配偶者や親が保証人となれば審査に通る可能性もあります。しかし、収入がなければもちろん返済はできませんのでやはり借入は考えなおした方が良さそうです。

借入先が見つからず、明日の食費もないような状態になると危険だとわかっていてもヤミ金などに手を出してしまう人がいます。ブラックOKや審査なしなどの甘い文句に誘われて借入をすればずるずると借金地獄へ引きずり込まれてしまいます。もしトラブルに巻きこまれたら弁護士や消費者金融問題に詳しいNPO団体などに相談しましょう。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/efbf.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678