別荘ローンと住宅ローンの違いについて

別荘といえば年配の方が一括で購入というイメージですが、最近では30代40代から購入される方も増えてきています。住宅とは別にレジャー拠点として、または将来の移住のためにもう一軒家が欲しいという場合に、一括で家を購入するには貯金が心もとないので、今後の生活のためにも一部をローンにしたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

別荘購入の場合のローンは住宅ローンと違いますので、そこを少し説明しておきたいと思います。

まず大きな違いは、年収が多いかどうか。住宅ローンは250万程の年収でも組むことは可能ですが、別荘ローンは倍の500万以上必要と言われています。金利も住宅ローンより高めに設定してある場合がほとんどです。

リゾート物件になりますので、扱っている金融機関も限定されます。よって、どこの銀行からでも借りられるというわけにはいかなくなります。

頭金も20パーセントが最低ラインで、30パーセント以上が好ましいと言われていますので、頭金が少なくても組める住宅ローンとはこの点でも大きく異なります。

住宅金融公庫と民間銀行の提携商品の、フラット35というローンがありますが、これは住宅ローンにも別荘ローンにも利用可能という大変便利なものです。別荘ローンの場合には住宅ローン控除はつきませんが、それ以外は住宅ローンとほとんど同じ条件で融資が可能となります。

このフラット35が登場して以来、別荘ローンはぐっと身近に使いやすいものになりました。

これからローンを使っての別荘購入をお考えの方は、まずこのフラット35の融資が受けられるかどうか、住宅金融公庫や銀行で確認してみることをお勧めします。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/efbf.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678