借入したけど残高不足で引き落としが出来なかった時の対処法

クレジットカードはとても便利です。ショッピングするつもりがなくて現金を持ち合わせていなかったときでも、カードがあれば安心してお買い物をすることができます。
キャッシング機能がついていれば、急に現金が必要になった時でも大丈夫。期日までに入金すれば、利息もそんなに掛からずお金を手にすることができます。

でもカードだと、どのくらい自分でお金を使ったか、分からなくなってしまいますよね。翌月に来る請求も忙しくてなんとなく見過ごしてしまっていて、気付いたら支払日になってた!なんてことも。

そしてついつい買い過ぎてしまったり、急な出費でキャッシングし過ぎてしまったりしたせいで、口座に入ってるお金が足りない!これでは引き落としが出来ない!という事態になってしまうこともあるかと思います。

もし残高不足で引き落としが出来なかったら、どうなるのでしょうか?

まず、多くのカード会社は支払日から数日後が〆日になっています。ですので、気付いた時点ですぐに入金すれば、そんなに問題にはなりません。そのカード会社に「1日(または2日)の遅延」と登録される場合はありますが、そのせいでブラックリストに載ったりすることはありません。支払日なのに残高不足と気付いたら、一刻でも早く入金しましょう。

ただその数日の遅延が毎月続いてしまうと、要注意とされてカードの利用を停止される場合もあります。うっかりミスで引き落としが間に合わなかった!という場合は、それ以後同じ間違いをしないように、十分気をつけてくださいね。

そして、気付くのが遅かった場合、全く気付かなかった場合は、カード会社から督促状や督促の電話がかかってきます。その場合は〆日より数日以上は経っていますので、その間の利息が上乗せされた金額を支払うこととなります。

支払いの遅延を繰り返してしまった場合や何ヶ月も支払いが滞ってしまった場合、悪質と看做されて住宅ローンなど他のローンが組めなくなったり、クレジットカードの使用を停止されたり、新しいカードを作ることが出来なくなったりしてしまいます。

クレジットカードは信用の証。支払いの口座を一つにまとめる等、残高不足にならないようにしっかり自分で管理・対策して、くれぐれも支払いの遅延は起こさないようにしましょう。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/efbf.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678