賃貸マンションやアパート経営なら専用ローンがあります!

最近ではアパート経営に精を出す人が多くいますが、賃貸用のアパートやマンションを建てる際には通常の住宅ローンを組めないことをご存じですか。住宅ローンには公的機関、民間の金融機関などから優遇された借入をすることができますが、その条件の中に契約者や家族が住むことが挙げられています。賃貸等で他人に貸す場合には住宅ローンを組むことはできません。

賃貸アパートやマンションの経営を検討している場合にはまずは近くの金融機関に相談しましょう。最近では賃貸目的のローンも販売していますので、土地探しや建築工事、収益などに関して専門のコンサルタントが丁寧にアドバイスをくれます。賃貸経営を考える人は多くの場合、利用していない土地を所有していたり、遺産相続など税金の問題を抱えていたり、また純粋に安定した収入を求めて経営に乗り出す人もいます。賃貸アパートやマンションのローンは住宅ローンに比べて金利が高めに設定されているのが特徴です。

自分の家を人に貸したい!ローンがあってもできる?

自分が住むために購入したマイホームだが賃貸に出したいというのは可能でしょうか。ローンを支払い中の住宅は基本的には賃貸にすることはできません。もし金融機関に知られれば一括返済を迫られる危険性もあります。それでもどうしても賃貸にしたい場合には借り換えが必要にあります。住宅ローンから賃貸アパートなどに対応してくれるローンへの借り換えです。この場合金利が上がったり、今まで受けていた優遇を受けられなくなります。もう一つの大きなデメリットは住宅ローン控除を受けることができなくなるということです。できれば借り換えをせずに賃貸にしたいところですが、実は金融機関によっては転勤などの正当な理由がある場合に限り期間限定の賃貸を許可しているところもあります。

やむを得ず、金融機関に知られないように家を貸している人もいますがリスクがあります。郵便物などが送られれば転居がばれてしまいます。最近はそんな人を対象に仲介をする不動産もあるそうですが、なんだか不安ですよね。一括返済を求められるといいますが正直無理な話です。金融機関と話し合うことで妥協点がみつかるかもしれません。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/efbf.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678