融資を受けるならローンビジネス!事業融資のメリットデメリット!

大手都市銀行、信販会社、ノンバンク系までローンビジネスは拡大の一途をたどっています。というのも、日本経済の落ち込みによって景気はどん底になり、お金に困る人が増えるようになったからです。ローンは目的別に様々なものが販売されていますが、一番人気はやはり個人の少額ローン、フリーローンです。目的を制限せず、借りたいときに借りることのできるローンは大変重宝されています。

一方で個人事業主や自営業の人にとっても事業ローン、ビジネスローンは救世主です。事業を営んでいると急にお金が必要になったり、支払いができないと会社そのものの存続が危ぶまれるような事態が起きるからです。ビジネスローンは個人ローンとは少々異なります。まず借入限度額がぐっと増えます。個人の融資が数十万円単位だとすれば、事業への融資は数百万単位です。またほとんどの場合、少額のフリーローンは収入を証明する源泉徴収票や所得証明などの書類が必要でないのに対し、ビジネスローンの場合会社の経営状態を示す書類が過去3年間分必要になります。

ビジネスローンの借入先は?

もちろん個人ローンに比べると審査も厳しくなります。審査の厳しさは借入先によっても異なります。事業融資といえばまず思い浮かぶのは国の金融機関と呼ばれている日本政策金融公庫です。日本政策金融公庫では様々な融資を行っていますが、民間の金融機関に比べて金利が低いのが魅力です。融資の種類や期間にもよりますが、金利は2%前後となります。審査条件も厳しいので誰でも気軽に借入できるというわけにはいきません。

民間の金融機関でも事業ローンは多く取り扱っています。ノンバンク系のローンは審査は通りやすいですが、金利が高くなりますので長期間の借入になると多額の利息を支払わなければならなくなります。それでも事業の運転資金としてすぐに返済できるのであれば、利用価値はあると思います。いずれの場合であってもビジネスローンは個人ローンに比べ金額が大きくなるためより綿密な返済計画を立てなければなりません。金融機関もボランティアではありませんのできちんと貸したお金とその利息分の回収が見込めないと借入は難しいでしょう。返済できなければせっかく築き上げてきた会社そのものを失うことにもなりかねませんので借入には慎重になりましょう。

閉じる

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wkkinnyu/efbf.org/public_html/wp/wp-includes/script-loader.php on line 2678